Home企業情報 > 会社沿革

会社沿革

1951年(昭和26年) 5月に当社創業者土田精三は、米国3M社製スコッチライト(道路標識等に使用されている光反射材料)の日本における総販売店として神田錦町にスコッチライトセールスカンパニー(個人経営)を創業し、車輌貼付用ステッカーおよび道路標識材料の販売を開始いたしました。
1960年(昭和35年)   三光通商株式会社解散後、同年4月に三光産業株式会社を設立し、主として国産材料を使用したラベル、ステッカーを製作し、家電メーカー、自動車メーカーおよびその関連企業その他各種業界に販路を求め、事業を開始いたしました。設立後の沿革は次のとおりであります。
4月 東京都港区赤坂田町に三光産業株式会社(資本金500万円)を設立接着剤つきラベル、ステッカーの製造販売と輸入品及び国産品のラベル原材料の販売を開始
7月 本社を東京都中央区日本橋通りに移転
1962年(昭和37年) 4月 大阪府大阪市南区に大阪営業所(現大阪支店)を開設
12月 本社を東京都港区に移転
1967年(昭和42年) 4月
1972年(昭和47年) 4月
1973年(昭和48年) 11月
1982年(昭和57年) 12月
1985年(昭和60年) 4月 大阪府東大阪市に東大阪工場を設置
9月 東大阪工場を隣接地に移転、大阪工場とし、大阪支店を東大阪市に移転
大阪工場と併設
1988年(昭和63年) 11月
1989年(平成元年) 11月 資本金を18億5,075万円に増資
社団法人日本証券業協会の店頭登録銘柄として株式を公開
1991年(平成3年) 10月 川越工場敷地内に川越第二工場を設置
1999年(平成11年) 6月 SANKO SANGYO(MALAYSIA)SDN.BHD.ISO9002認証取得
2000年(平成12年) 2月
2001年(平成13年) 10月
2002年(平成14年) 9月
2003年(平成15年) 6月 中国深セン市に光華産業有限公司の委託生産工場を設置
2004年(平成16年) 12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
2007年(平成19年) 2月
2010年(平成22年) 4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所ジャスダック市場に株式を上場
2010年(平成22年) 10月 大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場
2013年(平成25年) 2月 中国蘇州市に燦光電子(深セン)有限公司の蘇州営業所を開設
2013年(平成25年) 7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場
2015年(平成27年) 5月 タイバンコクに子会社SANKO SANGYO(BANGKOK)CO. ,LTD.を設立
2015年(平成27年) 11月 千曲川工場の名称を長野工場へ変更
2016年(平成28年) 1月 方南工場および連結子会社の三光プリンティング株式会社を長野工場に集約
2018年(平成30年) 2月 ベトナムハノイ市に子会社SANKO SANGYO(VIETNAM)CO. ,LTD.を設立